未払費用と未収利息:違いは何ですか?

未払費用と未収利息:概要

見越額とは、発生したものの、まだ支払われていないものです。これには、完了したがまだ支払われていない作業またはサービスが含まれる場合があり、これは未払費用につながります。

次に、請求または発生したがまだ支払われていない利息があります。これは未収利息とも呼ばれます。未収利息は、未収であるがまだ受け取っていない利息の場合もあります。

未払費用は、通常、税金、光熱費、賃金、給与、家賃、手数料、および支払利息です。未収利息は、未払費用(未払負債の一種)であり、会社が債券保有者などの債務の保有者である場合は資産です。

重要なポイント

  • 見越額とは、発生したがまだ支払われていないもの(通常は費用)です。
  • 未払費用は、税金、賃金、光熱費など、未払いであるがまだ支払われていない費用です。
  • 未収利息は、未払いであるがまだ支払われていない(または受け取っていない)未払費用(または未払負債)の例です。
  • 未払費用は貸借対照表に負債として計上されています。
  • 未収利息は、費用または収益として損益計算書に記録されます。利息が支払われているか受け取られているかによって異なります。

未払費用

未払負債の一種である未払費用は、流動負債として貸借対照表に計上されます。つまり、費用の金額は損益計算書に費用として記録され、同じ金額が未払金として流動負債の下で貸借対照表に計上されます。次に、現金が実際にサプライヤまたはベンダーに支払われると、現金勘定が貸借対照表に借方記入され、買掛金勘定に貸方記入されます。未払費用は前払費用の反対です。

未払費用は給与である可能性があり、会社の従業員は後日仕事に対して支払われます。たとえば、従業員に毎月支払う会社は、月の1日に給与小切手を処理する場合があります。その支払いは前月に完了した作業に対するものです。つまり、獲得した給与と支払われる給与は、翌月の1日に支払われるまでの未払費用でした。

未収利息

未収利息は、発生したがまだ支払われていない、または受け取っていない利息の金額です。会社が借り手である場合、利息はそれぞれ貸借対照表と損益計算書の流動負債と費用です。会社が貸し手である場合、損益計算書と貸借対照表にそれぞれ収益と流動資産として表示されます。通常、1年以内の短期債務については、支払期日に元本と一緒に未収利息が支払われます。

たとえば、未収利息は、1か月を通して発生するが、月末まで支払期日が到来しない借入金の利息である場合があります。または、未払いの利息は、所有されている債券の利息である可能性があり、支払われる前に利息が発生する可能性があります。

未収利息は、損益計算書で収益または費用として報告できます。未収利息取引の他の部分は、実際の現金が交換されるまで、負債(買掛金)または資産(売掛金)として認識されます。

未払費用と未収利息の例

未収利息は、収益または費用として損益計算書に報告されます。支払われるのが未収利息の場合、それは未払費用です。会社ABCがベンダーとの与信枠を持っており、ベンダーXYZが毎月利息を計算するとします。2019年7月31日に、ベンダーは7月の未払い金の利息を500ドルと計算します。

未払いの利息は、ABC社の損益計算書の支払利息に対する500ドルの借方と、貸借対照表の支払利息に対する500ドルの貸方として計上されます。この場合の支払利息は、未払費用と未収利息です。支払いが完了すると、ABC社は現金口座に500ドルを入金し、支払利息を入金します。

ただし、仕入先XYZの場合、未収利息は資産であり、収益として計上されます。7月31日に、ベンダーは受取利息勘定から借方に記入し、受取利息勘定に貸方記入します。次に、支払われると、ベンダーXYZは現金口座から借方に記入し、売掛金口座に貸方記入します。

未払費用の例は何ですか?

未払費用は、発生したがまだ支払われていない費用です。未払費用の例としては、税金、家賃、賃金などがあります。たとえば、労働者は給与期間中に40時間の作業を完了しました。作業は実行されましたが、提供されたサービスに対する支払いは行われませんでした。その結果、従業員の賃金は、支払われるまで雇用主の未払費用になります。

未収利息を計算するにはどうすればよいですか?

未収利息は、獲得したがまだ支払われていない利息です。未収利息は、会計期間の最終日に計算され、損益計算書に記録されます。未収利息を計算するには、年利を暦年の日数である365で割ります。次に、その積に、利息が発生する日数と利息が適用される残高を掛けます。たとえば、5%の利息を稼ぐ10,000ドルのローンの1月の未収利息は、42.47ドルです(1日あたりの利率.0137%x1月の31日x10,000ドル)。

未収利息を記録するにはどうすればよいですか?

未収利息は、会計期間の終了時に損益計算書に記録されます。未収利息は、借り手と貸し手で異なる方法で記録されます。利息を支払わなければならない人は、未収利息を損益計算書に費用として、貸借対照表に負債として記録します。1年以内に支払われる場合、流動負債として記録されます。12か月を超えて支払われる場合は、固定負債として記録されます。貸し手は、非難された利息を損益計算書に収益として、貸借対照表に現在または長期の資産として記録します。