上昇中の消費者債務

クイックナビゲーション

今日、投資家とエコノミストは、4月のFRBの消費者信用に関する最新の報告に細心の注意を払うでしょう。

エコノミストは、このレポートは、消費者債務総額が350億ドル増加し、過去最高の4.57兆ドルになると予測しています。第1四半期には、消費者信用は季節調整済みの年率9.7%で上昇しました。

主にクレジットカードの債務であるリボルビングクレジットは、すべての消費者債務のほぼ4分の1を占めています。今年の最初の3か月で21.4%急増しました。データは、インフレが急上昇するにつれて、消費者はより多くを借りることによって小売支出を高水準に維持していることを示唆しています。

先月初め、ニューヨーク連邦準備銀行は、2022年の第1四半期に家計債務が15.8兆ドルに増加したと報告しました。これは前四半期から2660億ドル、つまり1.7%増加しており、COVID-19パンデミックが発生する前の2019年末よりも1.7兆ドル高くなっています。

連邦準備制度理事会によると、住宅ローンと自動車ローンの残高が増加を牽引し、住宅ローンで2,500億ドル、自動車ローンで110億ドル増加しました。

Investopediaの編集長であるCalebSilverは、次のように述べています。