経済付加価値対市場付加価値: 違いは何ですか?

経済付加価値 vs.市場付加価値: 概要

投資家や貸し手が企業の価値を見積もる方法は数多くあります。これは、中小企業や大企業への投資機会を上回る価値を求めている個人にとってますます重要になっています。評価は、ビジネスが信用リスクに優れているかどうかを判断するためにも使用できます。

企業の価値を決定するために使用される最も一般的な指標には、経済的付加価値と市場付加価値が含まれます。ただし、これら 2 つの評価戦略には明確な違いがあり、投資家はそれぞれの使用方法を認識する必要があります。

重要ポイント

  • 経済的付加価値 (EVA) と市場付加価値 (MVA) は、投資家が企業の価値を評価する一般的な方法です。
  • EVA は、特定の期間における企業の経済的成功または失敗を測定する方法として役立ちます。
  • MVA は、企業が一定期間にわたって築き上げてきた価値のレベルを評価する、資産の尺度として役立ちます。
1:38

経済的付加価値 - EVA

経済付加価値

経済的付加価値 (EVA) は、Stern Stewart & Co. (現在は Stern Value Management として知られています) によって開発された業績指標であり、企業が生み出した真の経済的利益を測定しようとします。これはしばしば「経済的利益」とも呼ばれ、一定期間にわたる企業の経済的成功 (または失敗) の測定値を提供します。このような指標は、企業が投資家にどれだけの価値を生み出したかを判断したい投資家にとって有用であり、その企業がその業界でどれだけうまく運営されているかを迅速に分析するために、同業他社と比較することができます。

経済的利益は、会社の純税引き後の営業利益から、会社の投下資本に資本コストのパーセンテージを掛けた積を差し引くことで計算できます。

たとえば、架空の会社であるコーリーズ テキーラ カンパニー (CTC) の 2018 年の税引き後の純営業利益が 200,000 ドルで、投資資本が 200 万ドルで、平均コストが 8.5% である場合、CTC の経済的利益は 200,000 - (200 万ドル) と計算されます。 x 8.5%) = $30,000.

この 30,000 ドルは、CTC の投資資本の 1.5% に相当する金額を表し、会社が年間に資本コストを超えて生み出した富の標準化された尺度を提供します。

企業の収益性は、EVA を計算することで測定できます。これは、ビジネス プロジェクトの収益性と企業経営の効率性に重点が置かれているためです。

経済的付加価値 (EVA) は代替投資の機会費用を考慮しますが、市場付加価値 (MVA) は考慮しません。

市場付加価値

一方、市場付加価値 (MVA) は、企業の現在の総市場価値と、投資家 (株主と債券保有者の両方を含む) が出資した資本との単純な差です。通常、大規模な上場企業に使用されます。MVA は EVA のようなパフォーマンス指標ではなく、会社が時間の経過とともに蓄積した価値のレベルを測定する富の指標です。

企業は長期的に業績が良いため、利益を維持します。これにより、会社の株式の簿価が向上し、投資家は将来の収益を期待してそれらの株式の価格まで入札する可能性が高く、会社の市場価値が上昇します。これが発生すると、会社の市場価値と投資家が拠出した資本 (MVA) との差額は、過去の事業の成功の結果として市場が会社に割り当てる超過値札を表します。

EVA とは異なり、MVA はビジネスの運用能力の単純な測定基準であるため、代替投資の機会費用は組み込まれていません。