ハンマーローソク足: それは何であり、投資家はそれをどのように使用するか

ハンマーローソク足とは?

ハンマーはローソク足チャートの価格パターンであり、証券が始値よりも大幅に低く取引されているが、期間内に始値近くで閉じるために上昇する場合に発生します。このパターンは、ハンマー型のローソク足を形成し、下部の影は実際のボディの少なくとも 2 倍の大きさです。ローソク足の本体は始値と終値の差を表し、影はその期間の高値と安値を示します。

重要ポイント

  • ハンマーローソク足は通常、価格が下落した後に発生します。彼らは小さな実体と長い下の影を持っています。
  • ハンマーローソク足は、価格が下落しているときに売り手が市場に参入したときに発生します。市場の終値までに、買い手は売り圧力を吸収し、市場価格を始値近くに押し上げます。
  • 終値は始値より上または下である可能性がありますが、ローソク足の実体を小さく保つために終値は始値に近い必要があります。
  • 下の影は、実体の高さの 2 倍以上にする必要があります。
  • ハンマーのローソク足は、価格が上向きに反転する可能性を示しています。価格はハンマーに続いて上昇し始める必要があります。これは確認と呼ばれます。
1:34

強気のローソク足パターンの例

ハンマーローソク足を理解する

証券の価格が下落した後にハンマーが発生し、市場が底を判断しようとしていることを示唆しています。

ハンマーは、売り手が底を形成する潜在的な降伏を示し、価格の上昇を伴い、価格方向の潜在的な反転を示します。これはすべて 1 つの期間中に発生し、始値の後に価格が下落しますが、その後再グループ化して始値近くで終値を付けます。

ハンマーは「T」に似ているはずです。これは、ハンマーキャンドルの可能性を示しています。ハンマーのローソク足は、確認されるまで価格の反転を示しません。

ハンマーに続くろうそくがハンマーの終値を上回って閉じると、確認が発生します。理想的には、この確認ろうそくは強い買いを示します。ローソク足のトレーダーは通常、確認ローソク足の間または後に、ロング ポジションに入るか、ショート ポジションから出ようとします。新しいロング ポジションを取る人は、ストップ ロスをハンマーの影の安値の下に置くことができます。

ハンマーは通常、確認があっても単独で使用されることはありません。トレーダーは通常、価格またはトレンド分析、またはテクニカル指標を利用して、ローソク足パターンをさらに確認します。

ハンマーは、1 分足チャート、日足チャート、週足チャートを含むすべての時間枠で発生します。

ハンマーローソク足の使い方の例

ハンマーローソク足の例.インベストペディア

チャートは、ハンマーパターンが続く価格下落を示しています.このパターンは、実体よりも数倍長い下影を持っていました。ハンマーは、価格が上向きに反転する可能性を示しています。

確認は次のろうそくで行われ、ギャップが高くなり、価格がハンマーの終値をはるかに上回る終値まで入札されました。

ろうそくの確認中は、トレーダーが通常、買いに踏み込むときです。ストップロスは、ハンマーの安値の下に配置されます。または、確認キャンドル中に価格が積極的に上昇している場合は、ハンマーの実体のすぐ下に配置される可能性もあります。

ハンマー燭台と童子の違い

童子は、実体が小さいローソク足の一種です。童子は上下に影があるので優柔不断を意味します。Dojis は、その後の確認に応じて、価格の反転またはトレンドの継続を示す可能性があります。これは、価格の下落後に発生するハンマーとは異なり、(確認が続く場合) 潜在的な上向きの反転を示し、長い下の影しかありません。

ハンマーローソク足の使用に関する制限

確認ろうそくの後、価格が上昇し続けるという保証はありません。影の長いハンマーと強い確認ろうそくは、2 つの期間内に価格をかなり高く押し上げる可能性があります。ストップロスがエントリポイントから遠く離れている可能性があり、トレーダーを潜在的な報酬を正当化しないリスクにさらす可能性があるため、これは購入するのに理想的なスポットではない可能性があります.

ハンマーは価格目標も提供しないため、ハンマー取引の潜在的な報酬を把握することは困難な場合があります.エグジットは、他のタイプのローソク足パターンまたは分析に基づく必要があります。

ハンマーの心理学

これまで見てきたように、実行可能なハンマー パターンは通常、下降トレンドのコンテキストで、またはチャートが一連の高値と安値を示しているときに現れます。ハンマーの出現は、より強気な投資家が株式のポジションを取っていること、および下落する価格の動きの反転が差し迫っている可能性があることを示唆しています。

ハンマーローソク足の長い下の影は、価格の下降軌道を継続しようとする努力を示していますが、実際の体で表されるより高い終値は、売り手が価格を日中の安値に維持することに最終的に失敗したことを示しています.セッションの安値から高値への価格の上昇は、より強気の見通しがその日を勝ち取り、上昇への潜在的な反転の準備を整えたことを示唆しています。

実用化

価格チャートでハンマーのローソク足を見つけた場合は、取引を行い、今後の価格変動の可能性から利益を得たいと考えているかもしれません。注文を行う前に、ハンマー パターンに基づく取引を最大限に活用するのに役立ついくつかの実際的な考慮事項を見てみましょう。

ハンマーシグナル

最初のステップは、ローソク足チャートに表示されているものが実際にハンマー パターンに対応していることを確認することです。上向きの反転の可能性を示唆するハンマー シグナルを探している場合は、下降トレンド、または一連の高値と安値の低下によってマークされる価格の下落のコンテキストで発生する必要があります。

このような状況下で注目している信号は、実体の少なくとも 2 倍のサイズの低い影を持つハンマー型のローソク足です。終値は始値をわずかに上回るか下回る可能性がありますが、終値は始値に近いはずです。つまり、ろうそく足の実際の本体は小さいままです。

確証を求めて

ハンマーシグナルの確認は、その後の価格行動がトレンド反転の期待を裏付けるときに発生します。言い換えれば、ハンマーシグナルに続くローソク足は、価格の上昇を確認するはずです。ハンマー シグナルから利益を得たいと考えているトレーダーは、この上向きの確認ろうそくの形成中に購入することがよくあります。

ストップを設定して利益を得る

他の取引と同様に、ハンマー シグナルが期待どおりに出ない場合に備えて、ポジションを保護するためにストップを使用することをお勧めします。ストップを設定するレベルは、取引に対する信頼とリスク許容度によって異なります。ただし、ストップロスをハンマーパターンの安値より下に設定すると、下向きの圧力が再び発生し、予想していた上向きの動きが実現しない場合に備えて保護することができます.

一方、価格が上昇し始め、ハンマーシグナルの認識に報いる場合は、取引を終了して利益を得るために最適なレベルを決定する必要があります.ハンマーシグナル自体は、テイクプロフィット注文をどこに設定すべきかについてほとんどガイダンスを提供しません。潜在的な出口点で戦略を立てるときは、近くのスイング安値など、他のレジスタンス レベルを探すことをお勧めします。

ハンマーローソク足とは?

ハンマーローソク足は「T」に似た技術的な取引パターンで、証券の価格トレンドが始値を下回り、長い下値の影を示し、その後反転して始値近くで閉じます。ハンマーローソク足パターンは、下降トレンドの後に発生します。多くの場合、反転パターンのシグナルと見なされます。

ハンマーローソク足パターンは強気ですか?

ハンマーのローソク足は、株価が底に達したことを示す可能性のある強気の取引パターンであり、トレンド反転の位置にあります.具体的には、売り手が市場に参入して価格を押し下げたが、後に資産価格を押し上げた買い手が数を上回ったことを示しています。重要なことは、価格の反転を確認する必要があることです。つまり、次のろうそくは、ハンマーの前の終値を上回って閉じる必要があります。

ハンマーローソク足と流れ星の違いは何ですか?

ハンマーローソク足のパターンは強気の反転を示し、流れ星のパターンは弱気の価格トレンドを示します。流れ星のパターンは、株式の上昇トレンドの後に発生し、上部の影を示しています。基本的にハンマーローソク足の反対で、流れ星は始値の後に上昇しますが、取引期間とほぼ同じレベルで終値になります。流れ星のパターンは、価格トレンドの頂点を示します。

結論

ハンマーローソク足パターンは、証券が始値よりも大幅に低く取引された後、始値近くで終値を付けるために上昇する場合に発生します。チャートに表示されるハンマー型のローソク足は、実際の本体のサイズの少なくとも 2 倍の低い影を持っています。このパターンは、売り手が価格を引き下げようとしたことを示唆していますが、買い手は最終的にコントロールを取り戻し、始値近くで価格を戻しました。このパターンは、価格が上向きに反転する可能性を示しています。